2016年10月27日 (木)

スマホステージ

休憩に遊びで作製し始めた「スマホステージ」・・・電気の力を借りることなく大きな音がでます。

そして、作成方法で様々な音色の変化を楽しむこともできます。

今日9台完成したのですが、すでに2台は売れてしまいました。

今のところ、すべて一つ一つ手作りですので、予約分のみです。

ご注文いただいていた方には、別途連絡させていただきます。

Img_8808_2

Img_8813

Img_8814 i フォンにも対応させたつもりですが、スマホしか持ち合わせておりませんので・・・。

 

2016年10月12日 (水)

丸いテーブル作成中

今、丸いテーブルを作成中。何しろ直径1m20㎝の大きなものだ。

しかも、14卓。

先日試作品を完成させたが、それよりまだ足を中に入れてほしいとのことで四苦八苦。

Dsc_0383

Dsc_0414 (上は足を折りたたんだ状態)

Dsc_0406

Dsc_0405

Dsc_0409

Dsc_0412 足の位置を確定すべく思案中。やっと決まった。

Dsc_0417 大量にこれほど大きなものは、期限内に難しいので「和束の森探検隊」にお手伝いしていただいている。

もう少しだ!

2016年9月26日 (月)

円卓作製開始

大きな丸テーブルの依頼を受け、製作開始。

何しろ期日までに、11卓。

私一人では無理なので、「和束の森探検隊」の皆さんに助けていただくことに。

Dsc_0384

Dsc_0386

Dsc_0385

とりあえず1卓作製

Dsc_0382 安定するよう脚をできる限り外にした。

もう少し内側にならないかとのことで、再度足の位置を検討。

やや改良した。

Dsc_0383 めどが立ったので、作製開始。

天板は9枚の杉板を接合。ビスケットを使用。

1卓につき、ビスケットの数は80程度・・・気長にコツコツ作業をしなければ・・。

2016年9月 4日 (日)

「宮さんの木工房」の歩み

2006年3月末から工房にすべくリフォームを開始し、9月にはお客様を迎える準備が一応できた。

とはいうものの、当初は店などにする予定はなく、趣味の場にすることを考えていた。

この9月で、満10年になる。

そこで、自分自身のためにも、木工を始めてからのことをまとめてみたいと考える。

このブログの左欄のWebページで「10.木工房の歩み(2004)」からまとめてみることにした。かなりの量なので、興味のある方はのぞいてみてください。また、ご質問、疑問点等あればメールでお願いします。

順次追加の予定です。本日原罪は2004/2005/2006までUPしています。

2016年7月30日 (土)

イベント用にとのご依頼

まだ完成とまではいかないが、今、面白いものを作製している。

お客様からのご依頼だが・・・。

イベントなどで、駄菓子類を入れる箱を作ってほしいとのこと。

大まかな寸法は指示されているが、これをいかにして運ぶのか、そこが大きな問題だ。

何しろ、厚さ20センチ、幅90センチ、奥行き45センチ。

蝶番を付け、広げられるようにはしたが・・・。

Dsc_0331

Dsc_0333 この「あられ組」はアメリカンバーモント社の治具を使っている。

簡単なようで、これを使いこなすにはなかなかややこしい。

Dsc_0312

Dsc_0311

また、イベントに使いたいからとこんな面白いものもご依頼いただいている。

Dsc_0335 何でも頑張って作りましょ!

2016年7月16日 (土)

「京都 和束荘」のテレビ台

先日、「京都 和束荘」のテレビ台を3台納品セせていただいたが、和室用のテレビ台2台を製作中。

その内の一台が一回目の塗装までできた。

(塗装前)↓

Img_7253

リボス・ハードオイルで1回目の塗装を終える。↓

明日は、リボス・クノスで2回目3回目の塗装予定。

Img_7260_2

材は、手元にあった、何と秋田杉の天然杉正目板。

板厚は50~55ミリ。さすが秋田杉の天然木だ。

2016年4月 9日 (土)

スマホスタンド

ちょっと休憩に、一度作ってみたかったものを・・・。

P1000345

P1000346 これで、スマートフォンの後ろから出る音を反射させかなり大きくなる。

そこを共鳴箱にすればもっといいかもしれない。

様々試行錯誤。

P1000347

P1000348 今回は、ヒノキで作製してみた。お何かいい案があればお教えください。

おお

2016年3月 7日 (月)

「木の筆箱」完成!

最近、どうしてか、「筆箱」「名刺入れ」「名前ストラップ」「ネームタグ」など、小物の依頼が続いている。小物といっても、一つ一つ手作りで作成しているので、失敗もあり、なかなか簡単にはいかない。

また、移動できる駄菓子屋さんをしたいのだが、その容器(?)を作って欲しい・・・、と。まだ考えてはいない。しかし、趣旨からして、ぜひ協力したい。

今日は、二つの筆箱が完成した。(結局二日かかったかな?)

「屋久杉」「黒柿」

自分で言うのもなんだが、なかなかいい!

Img_5901

Img_5902

2016年2月14日 (日)

「和束の森探検隊」の活動拠点『桶力』の準備進む

「和束の森探検隊」が、その拠点を「京都府地域力再生プロジェクト支援事業」の支援を受け和束にOPENする予定。

私も可能な範囲で協力させていただいている。

一昨日は、以前から製作していた作業場の作業台が4台完成した。

Dsc_0749

Dsc_0753 また、その拠点も名称が決められた。

『手づくり工房 茶房 桶力(おけりき)』

先日から、その看板の製作も始めている。

Dsc_0746

Dsc_0747

Dsc_0745

Dsc_0740

Dsc_0742 その拠点『桶力』は、現在大工さんなどによるリフォーム中。

自分たちでできることは自分たちで、・・・とはいうものの、人手不足は否めない。

そこで、プロの指導を仰ぎながら作業のお手伝いを募集している。

和束の活性につながるこの場所の改修に是非、皆さんのお力をお願いしたいと思う。

12741963_558533454316547_1667867004

2016年1月13日 (水)

和束・弥勒磨崖仏通路の柵設置

先日、「和束の森探検隊」のメンバーとともに、弥勒磨崖仏前の通路柵を作製し設置した。

Dscn4037

Img_5255

Img_5293

Img_5310 この柵を越え下に降りることはできるが、降りる場合は自己責任でお願いします。

とはいうものの、巨岩が横たわりなかなか絶景だ。

Img_5260_2

Img_5261_2 上の道路の奥に青い建物が見えるが、そこが私の工房だ。

下から磨崖仏を見るとどうだろうか。

Pano3_2

Pano2_2

Img_5266_2 人物と比較すれば、その大きさも推測できる。