« 2016年2月 | メイン | 2016年4月 »

2016年3月31日 (木)

朝の寄り道 白栖・石寺・下島

暖かい朝。気分も爽やか。

また朝の寄り道。今朝は白栖~石寺~下島 経由で工房に。

白栖の桜は少し咲き始めたがもう少し。

Img_60891

次は石寺。

石寺の桜も白栖とほぼ同様。ライトアップのためすでに照明器具も準備されている。

「和束高橋」の橋の上からきれいな光景に出合える。

Img_6094

この高橋から、今朝は急な坂を上り下島に向かった。

今まで立ち寄ったことのない「円福寺」。

Img_6103

Img_6101

Img_6106

Img_6107 椿が実に鮮やかだ。

途中、6体の地蔵さんが茶畑の中にある。

このお地蔵さん、いつもきれいにされていて地元の方の心が知れる。

Img_6108 桜が一斉に開花するまで、あと2日・・・。

2016年3月30日 (水)

「手づくり工房・茶房『桶力』」OPEN近い!

私の応援する「和束の森探検隊」の活動拠点「手づくり工房・茶房『桶力』」は、4月3日にオープンセレモニーを迎える。

その『桶力』の裏から、祝橋付近の和束川土手に咲く桜が見事だ。

桶力の裏からの光景が ↓

20160312okerikipano21 今朝、その桜の状況を見るため寄り道。

上の写真のほぼ中央あたりから見た『桶力』は ↓

Img_60791 土手を少し歩いてみたが、木によってはもう十分程咲いている。

しかし、全体的にはまだまだといったところ。

4月3日まで、4日ほどある。丁度良いころかもしれない。

Img_60801

Img_60851

Img_96161 「和束の森探検隊」の隊長さん、準備で毎日大忙し!

2016年3月26日 (土)

今朝の和束腰越峠の光景

待ちに待った春! 峠道の樹々にも新芽が出始めている。

峠を越え、見晴らしのいい場所まで下りると、茶畑の防霜扇が激しく回っている。

これこそ初春の光景だ。

20160326togepano11

今朝は、遠くまでよく見える。

はるか向こうの葛城山もくっきり!

20160326togepano21

Img_60631 足元には、菫の小さな花が・・・。

白栖の桜のつぼみも色づいている。あと少し!

Img_60621

Img_60701

Img_60741

2016年3月25日 (金)

朝の寄り道 案内看板探し

今朝の寄り道は新しく設置されている看板探し。

Img_6034

Img_6035

Img_6038

Img_6041

Img_6043

Img_6044

Img_6052

Img_6054 石寺・久保見製茶の前に桜・・・? 実はこれは桃とのこと。

それにしてもでかい木だ。息子さんが小学校卒業の記念に植えたとのこと。

Img_6047

Img_6046 さらに下ると、大きなモクレンが目に留まった。

Img_6048

Img_6050 もう春だ! タンポポも咲き出している。

Img_6040

どうやら桜はまだなようだ。

石寺を後に、今度は祝橋に向かった。

残念ながら看板はなかったが、桜のつぼみがほんの少し色づきだしている。

Img_6055 祝橋付近の和束川土手には100本ほどの桜が植えられている。

もうすぐOPENの「手づくり工房・茶房 桶力」からもよく見える。

4月3日のオープンセレモニーの頃はもう咲いているだろうか。

工房に向かう途中、白栖橋で大きな看板発見!

Img_6056 府道5号線の東向きのところにも大きな看板が設置された。

残念ながらこの場所の看板はちょっと見づらい。大きくカーブした直後なのでまず誰も見ないと思う。

それにしても、あちこちに看板が立てられるのはいいことだ。

そういえば、看板が新しく立てられるのは和束だけのことでもない。

お隣の井手町にも様々な看板が新たに設置されている。

2016年3月21日 (月)

和束のイベント「本をめぐる一日」

今日、和束で本、陶芸、クラフト、音楽のイベントが行われています。

私は、午前~午後、参加させて頂きました。

兎に角すごい大勢の人でした。

動画をUPしていますのでご覧下さい。 ⇒ こちら

Img_5981

Img_5990

Img_5991

Img_5992

Img_5999

Img_6001

Pic_0018

Pic_0019

Pic_0022

2016年3月17日 (木)

「和束の森探検隊」を応援します!

「和束の森探検隊」のOPENセレモニーは4月3日。

先日、全体の看板作成は完了したが、茶房の看板も先日完成させた。

そのうえ、和束のスケッチ工房の小田先生も「和束の森探検隊」のために絵を描いていただいた。

P10003371

P10003341

P10003351 お出先生には、焼き杉板をキャンバスに描いていただいた。

実に素晴らしい。

私の作製した看板も、文字は小田先生に書いていただいた。

「和束の森探検隊」、みんなで応援しています!

2016年3月14日 (月)

茶源郷めぐり 和束トレイルマップ ③暮らしと出会うコース

茶源郷めぐり 和束トレイルマップ 「③暮らしと出会うコース」をご案内いたします。

P10003173 「和束茶カフェ」を出発し、今回は東の方面を散策します。

まず、すぐに「山甚(YAMAJIN)」があります。

ここは、散策を終えたときに立ち寄ることをお勧めします。

Dscn05271 和束の老舗ですが、店の皆さんとても親切ですよ。

さて、南に進み「正法寺」に向かいましょう。

特に春、秋は素晴らしいと思います。

Img_688811

20151106syobojipano2 特に、秋のイチョウは素晴らしい。

Img_34610

Img_34980 この正法寺には、十二支をあしらった地蔵もあり、心穏やかになる。

そして、裏山を回ることができ、私は時折のんびり散策する。

Img_3473

Img_3487 「釜塚の景観資産」望むことができる。

20151106syobojipano1

次に向かうのは「実相寺」

Img_5616 あちこちの掲示に、住職の優しさが伝わる。

Img_5599

Img_5601

Img_5611

次は、春の桜の時期は是非お勧めしたい「祝橋」付近の桜。

Img_1384

Img_42001

Img_85843 桜並木の和束川の土手を歩いていると時間を忘れてしまう。

Img_13771

Img_8642

Img_8643

Img_13701

次は、「八坂神社の大杉」

Img_980010

Img_1375 この大杉は、樹齢1300年と言われている。

Dscf5233 そばで見るとその大きさがわかる。

Img_58000

 そして、次は「ゆうあんビレッジ」

Img_7196 管理人さんがおられれば、休憩させていただくことはできる。

この場所では、音楽会やミーティングなと様々な催しが行われている。

Img_7167 このマップでは、省かれているが、次の「原山」には素晴らしい光景に出会えるのでぜひお立ち寄りいただきたい。

(ただし少々距離がある・・・)

和束の景観資産「原山の円形茶圓」「養生の芝」

Img_99801_2

Img_9968 また元のところに戻り、今度は「和束天満宮」

秋には「天満宮の秋まつり」、初春には「梅」が心和ましてくれる。

Img_1082

Img_1119

Img_8025

20150316tenmangupano11 (秋祭りの日程はお問い合わせください)

すぐそばに「中尾園」があり、食事休憩ができる。

Dscn0529 次は、「極楽寺」

Img_2268

Img_2275 ここまでの道のりの中で、周りには茶畑がたくさんあるのに気づいていただける。

そして、最後に「安積親王陵墓」に向かう。

20140820togepano410

Img_08331

Img_7951

Img_95031 上に登れば、和束の町を360度ご覧いただけます。

この「安積親王陵墓」は、地元では「太鼓山」といって親しまれている。

今回で、トレイルマップで紹介されている3つのコースはご案内させていただきました。

和束にはまだまだビューポイントがあります。

順次ご案内させていただきますので、次回をお楽しみに!

茶源郷めぐり 和束トレッキングマップ ②生業を歩くコース

「茶源郷めぐり 和束トレイルマップ」の「②生業を歩くコース」をご紹介します。

P1000316 和束茶カフェを出発し、西に向かう。

「撰原景観資産ビューポイント(看板あり)」までにも素晴らしい光景に出合うことができる。

Img_7231

Img_94300

Img_8785 「和束茶カフェ」から約1.8キロで「撰原景観資産ビューポイント(看板あり)」に到着。

Img_8950

Img_8953この場所にある看板写真の「撰原景観資産」は、実はこの場所からでは写真の様には見えない。

少し遠いが、前方の山の山麓になる。

看板写真の光景が見える場所は、マップの(2)茶工場②のあたりから南に茶畑の道を上ったところから見ることができる。(約500m)

Img_52772 また、秋などは下の写真の前方の丘に道が見えるが、この道を歩くと素晴らしい光景に出合える。

Img_8954

Img_23941

Img_95271 上記のような場所に行くに際し、細い道はほとんど私道ですので、邪魔にならないよう、また勝手に茶畑に入るなどは厳禁です。

マナーを守って、素晴らしい和束をご覧ください。

「撰原景観資産ビューポイント(看板あり)」から500mほどさらに西へ進むと分岐点があり、マップのコースでは右に進路をとり、さらに500mほど進むと「竹谷酒店」のところに出る。

Img_48181「竹谷酒店」の前に素晴らしい光景がある。

上の写真の赤い花は、「石垣サボテン」

この石寺地区ではたくさん見る光景です。

少し寄り道で、余裕があればこの交差点を右の方に登ってみてください。

300mほど登れば、「霊性寺(れいしょうじ)」に到着

Img_9995 この「霊性寺」には面白いものが・・・。

まず、「葉書き」の語源ともいわれている「多羅葉」の樹がある。

Img_2754 木の葉の裏に、何かとがったもので字を書けば、葉書きとして使うことができる。もちろん切手を貼らなければなりませんが・・・。

勝手に採らないでくださいね。

そして、またこの寺の奥の方に進むと鳥居があり、その奥には「四国霊場八十八か所めぐり」できるよう、仏像が山の斜面にあり趣がある。

Img_27421 そして、この「霊性寺」から、さらに上に登れば「上之宮神社」が100段ほどの階段の上に建っている。巨岩を祀ってあるのだろうか実に大きな岩がある。

さて、元の「竹谷酒店」のところまで戻り、

すぐお隣に スケッチギャラリー「遊茂庵(ユーモア)」がある。

20100507yumoapano_2 ここでは、水彩画教室なども行われている。

(ただし限られた日だけなのでご注意)

ここから坂を下ると、やがて「石田長栄堂」

和菓子やパンなど製造販売されている。

20110414ishiterapano1_1和菓子をいただきながら、ちょっと休憩されてはいかがでしょうか。

ご覧のように桜の時期にはなかなかいいです。

この付近では、夜ライトアップもされています。

Img_4043

Img_4057

Img_8488

折り返すように左に進路。

しばらく上ると「石寺景観資産」に到着。

この付近で、こんな写真も撮ることができた。

Img_82141

Img_11661

Img_78991 最近、この場所にベンチも設置され、ちょっと休憩・・・もいいですね。

さて、今回はこの辺で。次回は「③暮らしと出会うコース」をご案内します。

「和束の森探検隊」の活動拠点『桶力』 壁塗装体験実施される

3月13日、私の応援する「和束の森探検隊」の活動拠点 手づくり工房・茶房『桶力』のリフォームで壁塗装体験が行われた。

動画は こちら

Img_5934

Pic_0023

Pic_0030

Pic_0032 3月20日には、「格子設置体験」が行われます。

2016年3月13日 (日)

茶源郷和束トレイルマップ①

和束のトレイルマップを歩く

P1000314 ①緑を浴びるコース(緑色)

②生業を歩くコース(青色)

③暮らしと出会うコース(赤色)

この3つのコースが設定されていますが、まずは

①緑を浴びるコースを紹介します。

P10003151

出発点「和束茶カフェ」から西に200mほど歩くと、右に茶畑と鷲峯山の見える場所。秋には柿の実も彩を添え私のお気に入りスポット。

Img_7286

さらに400m進むと分岐点「農道入り口」

P1000321

その地点よりそのまま真っすぐ200mほど寄り道すれば、こんな光景もご覧いただくことができます。

Img_46321_2

Img_5647

Img_8785

Panorama また元の地点「農道入り口」に戻ってください。

しばらく雑木林の中の農道を進み景色の開けるところに出ると絶景!

Img_0031

Img_0033弥勒磨崖仏入り口 茶畑の丘のふちに沿って右に川のそばまで進む。

和束川のせせらぎが聞こえると、今度は右に!(地道)

P1000224 左の和束川には巨岩が!

P1000225

P1000226

この巨岩、何やら動物にも・・・。

P1000230

P1000233 みなさんは、何に見えますか?

そして肝心な「弥勒磨崖仏」

人の姿と比べれば、その大きさがわかる。

Img_5308

Img_5264 昨年、この磨崖仏までの遊歩道ができたので、地図にはありませんが、こちらを歩いてみてください。

柔らかくてとても歩きやすい遊歩道です。

20150914yuhodoupano3

Img_1549 和束川のせせらぎが心地よい。

下に降りるところもあるが、水量の多い時はご注意!

カモやシラサギ、アオサギ、カワウなどの姿を見ることもある。

浄水場まで進むと和束川の風景も少し変わってくる。

「桜のせせらぎ小径」

春には、桜の花が・・・(てんぐ巣業にかかっているので少々傷んでいるが)

Img_8438

ベンチもあり、さらに進むと山に入る入口がある。

これを登れば、「天空カフェ」に行くが、

かなりきびしい勾配なので、無理な場合は、浄水場まで戻り、道に沿って進んでください。

400mほど登れば、「山の家」のある運動公園に着く。

Img_901811

Img_91941

Img_85941 「天空カフェ」

P10209651

Img_8852

Img_8864 「天空カフェ」のご利用は、前もって「和束茶カフェ」でご相談ください。

分岐点等の表示がありませんので、ご注意ください。

次回は②生業を歩くコースご紹介します。