2016年7月20日 (水)

「京都 和束荘」依頼品すべての納品完了

「京都 和束荘」さんからご依頼いただいていた品を昨日納品完了いたしました。

過日、このブログにもちょっと書かせていただいたが、テレビ台の一つを秋田の天然杉で作成させていただいた。

というのも、昨年、秋田能代市長さんが工房までお越しいただき、秋田の木工職人さんにもお越しいただいた。

そんなこともあり、後日、秋田から天然杉はじめ、ケヤキ、ブナ等たくさんの材をお送りいただいた。

実に立派な天然杉で、何に使用しようかと思案していたが、丁度「京都和束荘」さんからご依頼いただいているものに使用することにした。

和室のテレビ台。

Dsc_03071

Img_7257 もう一つは、これも和室用なので、あられ継ぎを施した。

Dsc_0305

Dscn4323 和束の重要なお仕事をさせていただき、感謝しております。

ありがとうございました。

2016年7月16日 (土)

テレビの歌番組

テレビの番組で音楽番組が少なくなっている今、今日はあちこちで音楽番組をやっている。

ビールを飲みながら見ている? 聞いているのだが、桑田佳祐・・・の歌、歌詞が画面の中に出ているので何を歌っているのかかろうじてわかるのだが、この文字がなければほとんどわからない。声そのものも、素晴らしいのかどうかさえ分からない。

やたらパーカッションの音が聞こえてくる。

年取ったせいで、歌の部分が聞こえなくなっているのだろうか・・・?

何にもわからない。やかましいだけ!チャンネル変えよ!

「京都 和束荘」のテレビ台

先日、「京都 和束荘」のテレビ台を3台納品セせていただいたが、和室用のテレビ台2台を製作中。

その内の一台が一回目の塗装までできた。

(塗装前)↓

Img_7253

リボス・ハードオイルで1回目の塗装を終える。↓

明日は、リボス・クノスで2回目3回目の塗装予定。

Img_7260_2

材は、手元にあった、何と秋田杉の天然杉正目板。

板厚は50~55ミリ。さすが秋田杉の天然木だ。

行者餅

毎年の祇園祭、宵山の日のみ販売されるという幻の「行者餅」。

今年も知り合いの方からいただき食すことができた。

こんなこと一つをとっても、京都には「こだわり」がある。

また、それが見事に受け継がれている。

今年も、平穏な日々が過ごせますよう念じながら、「行者餅」をビールと一緒にいただいた。

Dscn4322

工房近くの蓮の花

工房の近くで、毎年、見事な蓮の花がみられます。

先日から気になっていましたが、今日は写真に収めました。

数日もすればもっと多く花が咲くと思われます。

こうして、何気ない風景の中に、よく見れば素晴らしいことがたくさんあります。

蓮の花の上段では、ヒマワリも咲き始めています。

Img_7247

Img_7245

Img_7237

Img_7242

Img_7248

Img_7251

2016年7月12日 (火)

特注の靴ベラ

お茶に携わる仕事をされている宇治田原の方から「靴ベラ」のご依頼。

靴ベラはナラ材。

紐で掛けるのではなく、置けるようにして欲しいとのこと。

それならということで、お茶の樹で作ってみることにした。

先日お渡ししたが、気に入っていただけたようでほっとした。

下の台は、手元にあった杉のブロックを使用。

Dsc_0277

「京都和束荘」のテレビ台

「京都和束荘」からご依頼のテレビ台5台のうち3台納品。

あと二つは、目下奮闘中!

また、ハンガーフックも3本おさめました。

設置後の写真は今ありませんが、後日写してきたいと思っております。

Dsc_02561

Dsc_02631

2016年7月 1日 (金)

「京都和束荘」OPEN

本日、「京都和束荘」がOPENしました。

工房の帰り道、立ち寄ってみました。

小ホールでは宴会の様子。

和束の知人も第一号になろうと・・・、そして別の知人も来ている・・・。

皆さん仲間と一緒に。

そして何よりも、一般のお客様も。

今日のこの日までに、納品してほしいと依頼を受けていたものもあったが、実は残念ながら間に合わなかった。

ということで、この「京都和束荘」OPENに向け様々な製作依頼をいただいていた。

各部屋のキーホルダー

Dsc_0134 そして、各部屋のプレート類。

Dsc_0139

Dsc_0141 そして、土産物などを並べる陳列棚

Dsc_0228このお嬢さんたちが、「京都和束荘」にお越しの皆さんをお迎えします。

以前ブログに掲載しましたが、何よりも看板の製作をさせていただきました。

Dsc_0158 テレビ台など、まだ製作中です。明日には納品予定です。

OPENに間に合わなくて申し訳ありません。何しろ一人で製作していますので・・・。

来ていただければすぐわかります。

和束を何とかしたいと思っているスタッフばかりです。

まだOPENしていなかったので私が写した写真は遠慮していましたが、部屋の様子などを順次ご紹介します。

Dsc_0233 (これは食事処です)残念ながら、このテーブルとイスは私の作品ではありません。(そら、そうやろ!)

何はともあれ、ぜひ一度お越しください。

予約等は こちら「京都和束荘」

2016年6月21日 (火)

京都 和束荘OPEN

Dsc_0158

和束の宿泊施設が7月1日にリニューアルOPENします。

以前、「山の家」と呼ばれていたところが「京都 和束荘」に変更されました。

「京都 和束荘」へのお問合せ等は ⇒こちら

OPENに先駆け看板を作らせていただきました。

Blogでの公開を許可いただきましたので、掲載いたします。

製作中の様子を少し・・・。

Dsc_0099

Dsc_0102

Dsc_0128 他にも、ルームキーのホルダーや室名プレートなども作成させていただきましたが、後日、ブログで紹介させていただきます。

7月1日OPENに向け、土産物コーナーの棚やテレビ台等の作製に奮闘中!

とにかく素晴らしい宿舎だと思います。

ぜひ和束にお越しの折は、ご利用ください。

私も、この和束荘のお客様には全力で協力させていただきたいと思っております。

2016年6月 4日 (土)

今きれいな花がいっぱい!

宇治田原~和束線で和束の広い道を少し進んだところに、今、黄色い花が咲いている。

何の花か調べてみたところ「金糸梅(キンシバイ)」というのだそうだ。

間違っていたらお教えください。

Img_9706

Img_9712

Img_9708 道路を挟んだ反対側にも黄色い花が見事だ!

ところがこの花、特定外来生物として、栽培などは禁止されている。

見た目はとてもきれいなのだが・・・。

P10100531

P10100521

Img_9715

003

Ookinchirashi

I320 これはえらいこっちゃ!

さて、さらに進むと工房そばに今菖蒲が見事に咲いている。

ご近所のMさんの息子さんが育てておられるようだ。

Img_9718

Img_9716

Img_9719