2016年5月23日 (月)

「たくみの里・さと山まつり」に「和束の森探検隊」参加

昨日、「和束の森探検隊」も参加する井手町の「たくみの里まつり」に参加した。もっとも私は、「和束の森探検隊」のお手伝いでの参加。

まずは入り口近くの「茶席」

Dscn4193 少々厚い天気になったが、日蔭では風が心地よい。

実はこの「たくみの里・さと山まつり」は常に雨!

前回も少々の雨にあったが、今回は、好天に恵まれた。初めてのことかもしれない。

Dscn4185 このメンバーの中に、テレビで見かける石田さんの姿。

Dscn4233 気のせいか今年は出店が少し少ないようだ。

Dscn4195

Dscn4201

Dscn4203

Dscn4204

Dscn4206

Dscn4210 「和束の森探検隊」は、丸太切りなどの体験も交えた。

Dscn4214

Dscn4221

Dscn4229

私の孫たちも、焼き杉板プレートづくりを楽しんでいた。

音楽ライブが、探検隊ブースのそばでも行われた。

Dscn4270 厚い一日だったが、なかなか楽しい催しだった。

2016年5月16日 (月)

工房前の和束川に黄菖蒲の花

工房前の和束川に黄菖蒲が咲いている。

菖蒲を写しているうちに、カモが2羽、忙しそうに飛び出した。カモの飛び方は実に面白い。体が重いせいか、必死に羽ばたいている。サギなどは悠然と飛んでいるのにカモの飛び方は実に可愛らしい。

残念ながら、カモの飛ぶ姿は映してみたものの、こちらが慌てていたのかピンボケ!残念。

Dscn4105

Dscn4106

Dscn41071

Img_9351 ご覧になる場合は、車に気を付けてくださいね。

三板(さんば) 沖縄のカスタネット

依頼のあった沖縄のカスタネット「三板」・・サンバと読むそうだ。

ネットで調べてみたら、ある、ある ちゃんと商品として販売されている。

いつもお世話になっている方だったのでプレゼントさせていただいた。

演奏の仕方も何もわからないので、ひもは自分で調整してくださいね。

Dscn4103

Dscn4104 今回は紫檀で作製したが、他の材で作製しても面白いかもしれない。

たぶん音色が違ってくると思う。

練習してまた聞かせてください。

2016年5月15日 (日)

ご訪問ありがとうございます

今日は驚く訪問者。何と、40年前の教員時代の生徒たちが訪問してくれた。

最初は、まったくわからず。ただ、どっかで見かけたような・・・。そんな感覚だったが、しばらく話しているうちに40年前の生徒たちの顔と重なってきた。

何しろ、教職を定年を迎えることなく早期に去ったため、常に後ろめたさを感じていた。

今日、みんなが顔を見せてくれたことで、40年前にスリップしたような錯覚を覚えた。

ありがとう! 本当に嬉しい。

Img_6910 その中のY君、M君・・・私にビンタを食らったとのこと。

正直私に記憶はない。

「今なら問題になりますよね・・・」

そんな会話も、笑顔でしてくれた。

今日ごめんなさいと謝れなかったこと・・・また、反省しています。

ご め ん な さ い !

それにしても、いつも何か後ろめたさを感じていたのに、今日は実に嬉しかった。

ありがとう!

そして、今日はどうしたのだろう・・・。

何と、80歳になる同じ学校の先生に・・訪問いただいた。

学年が1年違っていたので、卒業生たちは知らなかった。

今日は、何か様々なことが重なり・・・何とも言えない驚き、充実した一日だった。

Img_6912

2016年5月 9日 (月)

和束のことが「京都新聞」に

昨日、「和束茶カフェ」の広場で行われた「茶源郷マルシェ」に行かせていただいたが、ずいぶん多くの人で驚いた。

そういえば、和束では、様々な催しが行われ、観光客の姿も多くなった。

そんなことを思っていた今朝、京都新聞に大きく和束のことが掲載されていた。

201605092 PDFファイルは⇒201605092.pdfをダウンロード

私も、和束に工房を開かせていただいているので、少しでも、自分のできる範囲で協力させていただきたいと思っている。

今回の記事の中に「和束の森探検隊」の拠点「手づくり工房・茶房 桶力」のことも掲載されている。

和束「茶源郷マルシェ」

昨日、「和束茶カフェ」前で「茶源郷マルシェ」が開かれた。月に一度の開催。「和束の森探検隊」の隊長さんと一緒に出向いてみた。

OPENは朝10時からだが、11ごろに行ってみたところ、ずいぶん大勢の姿。

和束町と姉妹提携ををされている伊根町からも出店に来られるとのこと。

P1010010

P1010011

P1010012

P1010013 私は、その伊根町の「へしこ」を購入させていただいた。

夕食時、その「へしこ」をいただく。少々塩辛いが、なかなかうまい!

日本酒は欠かせない。

また、会場には、面白いコーナーが・・・。

小さな移動茶室で茶の振る舞い。なかなか面白い。

若い人が、抹茶を楽しんでいる姿が実に素晴らしいと思った。

その前では、「和束茶カフェ」前のハーブ園で収穫されたハーブで作ったハーブティの販売も。

P1010014

P1010017

P1010016

P1010018 こうしたイベントを計画し、実施するにあたっては、町内外の若い人たちが頑張っている。

特に町の若者が参加していることは実にうれしい。そして、この若者の輪がどんどん広がっていくことになることを願っている。

2016年5月 3日 (火)

幸運な名前のストラップ

今日お越しいただいたお客様、何年も前から時折お越しいただき、多くのご注文もいただいている。

なんと、名前のストラップもずいぶんたくさん作らせていただいている。

そして、今日のお言葉・・・

ストラップを持った人が随分幸運に恵まれているとのこと!

今まで、ご家族や知人へのプレゼントなど作らせていただいた。

以前ご依頼いただいていたストラップを今日お渡しした。

そして、また2名分のご注文をいただいた。

当工房で作製したストラップが幸運を呼ぶ・・・そんなつもりで作製しているわけではないが、結果的にそういうことなら嬉しいことだ。

ただ、製作している私は、一つ一つ丁寧に作っている。

だから、その自分の名前のストラップを大事に扱っていただける・・・、自分自身を大事にしている・・・その結果幸運を得ることができるのではないだろうか。

少々コマーシャルになってしまうかもしれないが、3文字まで2,000円。

(今日のお客様のストラップではないが ↓)

Dsc_0083 時折、レーザーで作っておられるんですよね・・・と尋ねられることがある。

残念ながら、レーザーというようなものを購入する余裕なし。

したがって、一つ一つ糸鋸での手作りです。

2016年4月23日 (土)

河瀨直美監督の映画「あん」を観る

昨日、以前から見てみたかった映画を見た。

河瀨直美監督の「あん」。

この河瀨直美さんは、私の転機のきっかけを作っていただいた方の一人だ。

ある講演会で、初めて河瀨さんを知り、「自分は何のために生きているのか」と自問自答されている様子に心惹かれた。正直、後援会の中身はほとんど忘れてしまっているが、このことが心に残った。

そこで、もう一度やり直そう・・・そう思った。

それはさておき、この映画、期待を裏切らなかった。一生懸命生きよう!

かといって、人に「頑張れ!」を強要するわけでもない。

日曜日の夕方、FM京都α-stationで、彼女のおしゃべりを聞くことができる。実に心温まる番組だ。

Photo

2

Photo_2 最近、テレビや映画など、面白おかしく奇抜で変化に富んだ場面を見ることは多いが、この映画は、最後まで吸い込まれてしまった。

朝の寄り道 工房前の川向う

今朝の寄り道は工房から見える川向う。

いい天気なので、遊歩道を歩いてみようかと立ち寄った。

丁度、地元のお婆ちゃんも散歩されていたので、ご一緒させていただいた。

和束川のせせらぎを耳にしながら磨崖仏までの遊歩道を歩いた。

遊歩道の右手にクローバーの土手を見ながら進んでいくと、もう田んぼで作業をされている方に声をかけられた。

今日は茶畑にもいかなくてはならないし、大変だとのこと。

Img_6796

Img_68001

Img_68011

Img_68021 やがて磨崖仏のところへ

大きなタケノコ!

Img_68041

Img_68071 帰りは、遊歩道ではなく農道を通る。

Img_68121

Img_68131

Img_6809

Img_6810

Img_6826

Img_6829

Img_6827

Img_6831

Img_6832

Img_6830 畦などでは様々な野草が色とりどりに可憐な花を咲かせている。

2016年4月18日 (月)

峠の風景 茶の新芽と八重桜

峠の茶畑・・・茶の新芽は、すこぶる元気!

Img_67481

20160418togepano11

そして、少し下ったところの八重桜と茶畑・棚田の光景が素晴らしい。

今年もまたこの光景を見ることができた。

Img_67491

Img_67511

Img_67551 この八重桜、実に素晴らしい。一つ一つの花が重たそう!